食道裂孔ヘルニアの原因

食道裂孔ヘルニアの原因は、ほとんどの場合、1)先天性の場合と、

2)加齢により横隔膜神経の機能障害が起きる事によるものの2種類に限定されます。

そのため、幼児期までの子供か、逆に高齢の人に起こることが多いのが特徴です。

1)先天性によるもの
横隔膜は膜という言い方をしますが、呼吸するために強力な力を持っています。
ところが、生まれつき食道裂孔そのものが緩かったり、締め付け力が弱かったりと言う人がいます。
こういう人は生まれつき食道裂孔ヘルニアになっているか、
後からちょっとした衝撃で胃が脱出することがある訳です。

2)加齢によるもの
年を取ると頚椎が変位して、横隔膜神経の機能障害が起きやすくなります。そのことが原因して横隔膜の力が弱ってしまい、食道裂孔も緩んできてしまいます。
この弱った食道裂孔からヘルニアになることが多いのです。
その他にも太っていたり、たばこを吸ったりする人も発症しやすくなります。
近年では高齢化社会という背景も手伝って、加齢による食道裂孔ヘルニアが増え、
注目されるようになりました。

カテゴリー: 逆流性食道炎 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。