椎間板ヘルニアの治療を受けるにあたっての心構え

《椎間板ヘルニアの治療を受けるにあたっての心構え》

発症後1か月以上が経っていて辛い痛みが継続して尻からふくらはぎの外側にかけて痺れるや痺れる様な痛みがある場合、安易な気持ちで簡単に治るのではないか?と思って来院されないでください。
椎間板ヘルニアの専門病院ならば、椎間板ヘルニアで上記のような症状が出ていれば入院して、安静に寝ていて1ヶ月間掛けて持続けん引して様子を見ます。
 
このような方を早期に治す為には、条件があります。
1. 6日間コースを連続で行う事。
2. 仕事は症状が安定するまで休むこと。
3. 当院で勧めるサプリメントを飲むこと。
以上の事が出来ないならば手術をお勧めします。

古澤接骨院より

カテゴリー: 椎間板ヘルニア タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。