病院で治らない逆流性食道炎が、なぜ古澤接骨院で治るのか?

病院で治らない逆流性食道炎が、なぜ古澤接骨院で治るのか?

【お答えします】

食道下部括約筋が緩んで胃酸が逆流して食道粘膜を傷めてしまうのが逆流性食道炎です。

その原因は、食道下部括約筋の締り具合をコントロールしている迷走神経の

機能異常が原因です。

迷走神経の機能異常の原因の一つに、上部頚椎と後頭骨の変位による迷走神経の圧迫があります。

これが原因している場合には、この部位を矯正して迷走神経の圧迫を解除してあげなければ、解決策がありません。

この部位を矯正して正してあげ、迷走神経の機能を回復してあげることにより逆流性食道炎が治って行きます。

なので、迷走神経の圧迫によって起きる逆流性食道炎であれば、

ここを調整する古澤接骨院では逆流性食道炎が治るのです。

逆に、ここを調整できない病院では治らないのです。

カテゴリー: 逆流性食道炎 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。