椎間板ヘルニアで杖を使っても歩行困難であったが、今は杖なしで

以下の内容は、患者さんの治療後のアンケート院長のメッセージです。 

氏名 田OO幸 年齢 46歳 男性 所在地 山形県在住 

病名 腰椎ヘルニア 

1.        当院で治療される前はどうでしたか? 

杖を使っても歩行困難であった。 椎間板ヘルニアで左半身が座っても寝ても立っても激痛と痺れが走る状態であった。 10分以上運転すると左のお尻をあげないと運転ができない程、自動車の運転が辛かった。 

2.        治療後の感想をお聞かせ下さい。 

今まで整形外科や病院に通院した時は筋肉についての指摘を受けた事は一度もなかったのですが、ここで治療を受けて、筋肉の硬直が椎間板ヘルニアの激痛の原因である事を指摘され、筋肉の硬直をほぐしてもらって、体の調子が良くなったので、改めて筋肉が柔軟になり筋肉の働きが安定しているという事が、体の健康を維持する上で非常に大事な事なんだ、と考えさせられました。 

3.        どのような症状が改善されましたか?もしくは改善していきますか? 

左半身の筋肉の硬直が改善されて椎間板ヘルニアの痛みと痺れが前より和らぎました。 杖なしで歩行可能となり仰向けとうつ伏せも出来る様になり、まだ長時間立っていると痛みと痺れはありますが、休みながらですが歩行できるようになりました。 あれほど辛かった自動車と自転車の運転も痛みが無く運転できるようになりました。 

4.        当院で椎間板ヘルニアの治療を受けて良かったと思った時は、どんな時でしたか? 

自分は4番と5番のヘルニアの治療で来院しましたが、その他に先生から仙腸関節の損傷や筋肉の硬直、仙骨の変形、腰椎の傾きなど問題点の改善や説明など分かりやすく教えて頂き勉強になりました。 

5.        同じ病気の椎間板ヘルニアで悩んでいる人へ励ましの言葉をお願いします。 

来院する前は自分でもどうして良いか分からないくらいボロボロの状態の体でしたが、杖なしで歩ける、仰向け、うつ伏せなど一歩ずつできるようになりました。 困難な事もあるかもしれませんが、焦らずに治せる所から頑張って治療していきましょう。 

 ◆院長のメッセージ:

椎間板ヘルニアが2つ4番と5番にあるかなり重度のヘルニアで2次的に臀部に筋肉の強い強直が歩行障害を起こし仙骨の変形、腰椎の傾きなど問題点が多くあり一つ一つの問題を解決していくのに時間がかかりましたが、一つ一つの問題を着実に解決していけば手術しなくても椎間板ヘルニアは治せるのです。 

色々な病院に行って治療を受けたが治らず、もオ~、治らない! 

もう、手術をするしか治す方法がないのではないか? 

と諦めている人がいるのではないでしょうか? 

大丈夫です!『ヘルニアを減圧式矯正法で切らずに完治させます』 

救急車で、担架で運ばれて来る人でも任せて下さい!やります! 

救急車でも、このように来ています。

kyukyusya

※何か椎間板ヘルニアの症状でお困りの方へ、 

質問などありましたら、お気軽にメールや電話で問い合わせ下さい。(^^)

詳しくは⇒【椎間板ヘルニア即効センター】こちらをクリック 

★メールアドレス:k-furusawa@h9.dion.ne.jp 

TEL 048-263-7500 

 

カテゴリー: 椎間板ヘルニア タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。