埼玉県川口市の古澤接骨院です。むち打ち・交通事故後遺症にお悩みの方!交通事故治療は専門の治療院にお任せください!

交通事故によるむち打ち症とは

むち打ちとはどんな症状?

むち打ちとは、交通事故などによって体に急激な衝撃を受けたことで発生する症状です。何かに追突したり追突されたりすることによって、頚部が急激に過伸展捻挫(伸ばしすぎ)や過屈曲捻挫(曲げすぎ)の状態となって起こる負傷です。

むち打ちの主な自覚症状

むち打ちの自覚症状は主に以下のようなものがあります。

首の痛み、頭痛、肩こり、腰痛、めまい、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、および集中力の低下、ふらつき感、膀胱障害、パニック障害、うつ病 など

中には、検査では異常無かったのに、2〜3日後から症状が現れ、だんだん強くなることもあります。

むち打ちの治療

むち打ちは適切な治療を行わないとなかなか症状が改善されません。
放っておくと症状が慢性化し、治療が難しくなることもありますので、お早めに診療することをおすすめします。

また、現在治療を受けていてなかなか症状が改善されないという方も、まずはお気軽にご相談ください。
お客様の症状に合わせた診察を行い適切な治療をさせていただきます。

 

お問い合わせ